打倒!チェルシー!

打倒!チェルシー!

J1残留争いも最終節までもつれましたね。

我がサンフレッチェも過去2度J2降格を経験しましたが、初めての通期優勝を決め、来るクラブワールドカップでの活躍へ向け期待は高まるばかりです。

寿人選手の活躍が原動力であったことは言うまでもありませんが、やはり組織的なディフェンスがもたらした優勝と言えるでしょう。

前監督がチームの礎を築いたことに異論はありませんが、主要メンバーが抜けてしまった今季に、チーム全体の組織力が結実したカタチとして残せたことが大きいですね。

同じチームプレイの野球と比べ、サッカーでは連携や意思の疎通がよりデリケートですから尚更です。

来季はカープとのW優勝も夢ではないかも知れません!

そうなれば地元の活性化にもつながり、本当に意味での“お祭り騒ぎ”となること間違いなしです。

今年もまだ激動の1ヶ月が残っていますが、色んな意味で良い締めくくりができれはいいですね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ