サムライ ”ブルー”

サムライ ”ブルー”

前評判を覆し、大健闘の岡田ジャパン。
ベスト16で涙を呑みました。

監督をはじめ、選手たちは悔しい思いだったでしょう。
まだまだイケる手ごたえを感じていたハズです。

ファンはともかく、マスコミの節操の無さだけが残った大会となりました。

確かに采配や戦術・選手選考は、監督の手腕が大きく影響するものですが、「チームの和(輪)」を作り上げる事が、どんなに大切なのかを知らしめた大会でもありました。

日本選手個々のスキルは、既に世界で証明されており、今の代表チームに足りないものがあるとすれば、大舞台であるワールドカップでの「経験」くらいかも知れません。

それは、選手にも監督にも言えることでしょう。

岡田さんが今回のチームをまとめ上げたのは、以前の代表監督の経験があったからこそではないでしょうか。

代表チームの結果をワールドカップに絞るのであれば、それに向けた戦略で協会もバックアップする必要がありますね。

Jリーグやカップ戦との日程調整や、強豪チームとの強化試合など、もっと代表チームを主体としたサポート体制を確立してほしいものです。

スポーツにしろ一般の方の仕事にしろ「結果」を求めらるものは、結果を出さないと「評価」されません。

いくら「過程」を頑張っても、です。

また、期待して応援してくださる方が多いほど、その数と同じだけ(いやそれ以上に)批判が出てくるものと覚悟しなくてはなりません。

「結果」を出すためには、どうすれば良いのか?

私自身も、もう一度我が身を振り返って考えなければならない「問いかけ」でもあります。

サムライ・ニッポンに拍手!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ