ストーブリーグ

ストーブリーグ

プロ野球の日本シリーズも終わり、契約更改やFA、トレード話しで賑やかな時期となりました。

巨人は早々と二岡の放出を決め、阪神は2人の大物先発投手の両取りを画策しているようですね。

上原や川上のメジャー挑戦は規定路線だとしても、他のFA選手(こう言っちゃなんですが大丈夫?的な)もメジャー選択で悩んでおられる様で。

確かに今の日本のレベルであれば、ほとんどの選手がそこそこやってはいけるとは思います。年棒も倍くらいは貰えるでしょうし。
プロとして夢を追うことに、いささかも異議はございません。

職業としての野球ですから契約のかけ引きはあるでしょうが、FA取得は分かっていたことなんだから、国内ならともかくメジャーへの挑戦は覚悟の問題だと思いますよ。

だったら今の時期に悩むなよ!って言いたいです。
向こうでの実践で通用するかどうかと、生活環境を含めた待遇条件を求められる選手なのかどうかには、明らかな差がありますから。

かつて日本プロ野球と決別したかたちで挑戦した野茂や、挑戦自体無謀とまで言われた新庄のような気概のある選手はいないんですかね。

ともあれ、夢の実現に向けて努力することは素敵なことです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ