クライマックス・シリーズ

クライマックス・シリーズ

地元広島カープは、クライマックス・シリーズ制度導入のおかげで、この時期に至っても大変盛り上がっています。

そりゃ、リーグ優勝チームが日本シリーズに出られないなんて馴染まない感はありますが、球界全体でみるとプラスに働いていると思いますね。

外国人監督の采配は、日本の野球に順応するのに時間がかかると言いますが、ここに来てブラウン野球がようやくハマッてまいりました。
投手交代や代打のタイミングなど、「えっ?」ってところも多々ありますが、ブラウンの大したところは、選手に寄せる信頼と自分の役割をハッキリ理解してることだと思います。

カープファンの間では、「前田選手」の起用方に不満の声が多く聞かれます。

確かに代打のタイプではないし、技術面も郡を抜いた存在です。もちろん本人も今の起用方には満足はしていないでしょう。
ただ、言えるのは前田選手をレギュラーで使っていたら、天谷や赤松、喜田といった若手の底上げはならなかったでしょうし、嶋もここまでの成績を残せていなかったのではないでしょうか?

カープファンとしてはイヤですが、前田選手にとっては脚に負担のかからない、パリーグの指名打者で実力を発揮する選択がお互いにとってよりベターだと思います。

実績も結果も出ていない選手をこれでもかと執拗に起用する采配に、ブラウンの持つ野球観として表われていますし、ひとつのカタチとして実を結ぼうとしているように感じます。

ただ、シーボルだけはどーなの?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ