北京ダック

北京ダック

今、北京では多くのアヒルが消費されてるそうです。

一般のお客様もそうですが、選手やプレスの方々にも大人気みたいですね。

選手村では一日600羽で売り切れだそうですが、街の有名レストランでは「売り切れ」はないらしいです。テレビのインタビュうーで「北京市民として意地でも売り切れにはできない」と言ってましたが、いきなりアヒルは増やせないでしょ。意地があっても、実際。

あからさまにニセブランドが横行している国ですし、問題?の開会式を国家が仕切るくらいですから、いきなりアヒルを増やすことくらい朝飯前なんでしょうね。

あれって、皮以外の中身はどーするんでしょうか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ