不思議ちゃん

不思議ちゃん

未だ波に乗れないカープですが、新井の後釜として4番に座る栗原選手。こちらも中々結果を残せておりません。

でも最近の彼を見るに、凡打しても以前のような悔しさを顔に出すことは無くなりました。チャンスで結果を求められる状況は変わりないのですが、それは打順が何番であっても同じこと。自身も言ってますが、彼の仕事は自分の打てる球を自分のスイングで打ち返すこと。今まさにその心境で打席に入っているような感じがします。

技術には練習や経験の積み重ねが必要ですが、彼の打撃に対するシンプルな取り組み方に大きな期待を寄せてしまうのです。

若き新井を4番で使い続けた時のフラストレーションとは別の感覚が、ファンの中にはあるんじゃないでしょうか。

投手も野手も、感情を表に出すことが必要な時もあるでしょうが、結果が出なかった時に出す悔しい表情は、相手へ自信を植えつけるだけのように思えます。それに何か「ポーズ」っぽいし…ね。

ここ最近、カープ選手の顔つきが良くなって来ていると感じるのは僕だけかな…。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ