防水パンの奥行きサイズもそうですが、「幅」に関しても何かと問題点があります。

マンションなどの集合住宅では、スペースの有効活用のため小型サイズ(640角)が多く採用されています。脱衣場等の部屋のコーナーに設置されているのであればまだしも、左右が壁や仕切りでハマリ込んでいたりすると厄介です。洗濯機本体が入らなかったり、入ったとしても左右の隙間がほとんど空かなかったりと、設置時における排水ホースの接続などに大変手間がかかってしまいます。

いったん洗濯機を載せてしまうと、今度は降ろすのが一苦労です。防水パンの日々のお手入れはもちろん定期的に行われる配管洗浄の時も洗濯機を降さざるをえません。特に最近の洗濯機は重いですからね。たぶん一人ではムリでしょう。

個人的には、防水パンの「幅」に十分ゆとりがあるサイズ(700ミリ)か、洗濯機を置いても排水トラップが露出するサイズ(800、900ミリ)、または洗濯機下にスペースが確保されている「ベストレイ70マルチタイプ」をお勧めします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ