奥行き

奥行き

最近の洗濯機は、各メーカーさんとも新しい機能が加わるたびに大型化の傾向にあるようです。

一般的に、どの「防水パン」の奥行きサイズも640ミリとなっていますが、実際に洗濯機を載せるとギリギリのケースが多々見受けられます。本来であれば洗濯機の放熱効果のために、本体と壁面に指定の隙間を空けなければなりませんが、その場合、洗濯機の脚が納まらないなんて話を知り合いの電気屋さんからうかがいました。

マンションなど決められた場所、決められたスペースに置くときには、みなさんどうされているのでしょうかね。ほしい洗濯機が買えないなんてこともおきますから。

下の写真は、横幅が800ミリで奥行きが640ミリの「防水パン」に斜めドラムタイプの洗濯機を載せたものです。

 ギリでしょ?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ